ヤフー「週休3日制」の衝撃|シンギュラリティで「週休7日制」は可能か

こんにちは、勝木(@blankfein525)です。

SPONSORED LINK

以下に表示されているバナー広告は、本ブログの収益性の劇的な向上を図るべく、筆者が独自に取り入れている「Google AdSense広告」です。本記事に含まれる内容に関連する広告が表示される場合もありますが、コンテンツそれ自体との直接的な関連性は一切ございませんので、誤ってクリックしないよう、細心の注意を払ってください。






昨日、ヤフーが「週休3日制」を取り入れる準備があるとのニュースがありましたので、今回は、「週休3日制」について、自分が知っている中で、有益と思われる事例等を、釈迦に説法ながら、いくつか紹介してみたいと思います。

グーグル共同創業者、ラリー・ペイジ氏は、「週休3日制」を推奨

f:id:blankfein:20160925103414j:plain
(画像引用:Wall Street Jounal
グーグルの共同創業者として知られるラリー・ペイジ氏は、自社ではまだ取り組んではいないものの、「週休3日制」を推奨しています。同社は、優秀でクリエイティビティ溢れる人材を惹きつける企業カルチャーを醸成するために、ワークライフバランスの向上に取り組んでおり、従業員の働きやすさを重視する企業としても知られています。グーグルの「働き方改革」や「企業カルチャー」については、世界の研究者からも高く評価されているようで、以下の著書等が参考になります。読みましょう。

メキシコの通信王、カルロス・スリム氏は、「週休4日制」を過去に提唱

f:id:blankfein:20160925103834j:plain
(画像引用:Bloomberg
さらに、世界有数の大富豪としてその名を知られるメキシコの通信王、カルロス・スリム氏も、「1週間3日勤務が常識になる」と語り、「週休4日制」という大胆なアイデアを公言していることも、忘れるべきではないでしょう。カルロス・スリム氏については、日本ではそこまで知名度は高くないかもしれませんが、長者番付の常連で、世界有数の「スーパーリッチ」として知られている方です。カルロス・スリム氏について理解するなら、以下のリンクが参考になるかもしれません。
SPONSORED LINK

以下に表示されているバナー広告は、本ブログの収益性の劇的な向上を図るべく、筆者が独自に取り入れている「Google AdSense広告」です。本記事に含まれる内容に関連する広告が表示される場合もありますが、コンテンツそれ自体との直接的な関連性は一切ございませんので、誤ってクリックしないよう、細心の注意を払ってください。






「週休2日制」を日本ではじめて導入したのは、松下幸之助氏だった