「誤解を恐れずに言えば」の免罪符的効用|前置きを制するものは、ビジネスを制する

こんにちは、勝木(@blankfein)です。

[aside type=”warning”] SPONSORED LINK

以下に表示されているバナー広告は、本ブログの収益性の劇的な向上を図るべく、筆者が独自に取り入れている「Google AdSense広告」です。本記事に含まれる内容に関連する広告が表示される場合もありますが、コンテンツそれ自体との直接的な関連性は一切ございませんので、誤ってクリックしないよう、細心の注意を払ってください。






[/aside]
本日は、ビジネスの場で有用な「免罪符」的な効用を持つ前置き表現について、いくつかご紹介させて頂きたいと思います。タフな交渉の場や重要な面接の際にお役立てくださると幸いです。

誤解を恐れずに言えば

まずは、「誤解を恐れずに言えば」。これは非常に便利な表現でして、なんといっても、「誤解を恐れていない」という立場を明らかにしているので、少々誤解をまねくような言説を述べた場合でも、ほとんどすべての批判や反論やツッコミを回避することができます。用例としては、以下のような感じになります。

誤解を恐れずに言えば、より「上流」のフェーズのプロジェクトの経験を積むことで、自身のビジネスパーソンとしての価値を高めていきたいと考えています。よって、できるだけ早い段階で、プロジェクトからリリースしてください。

大袈裟な言い方かもしれませんが

続いて、「大袈裟な言い方かもしれませんが」。メッセージ性の強い発言をしようと試み、結果、少し大袈裟になっちゃったなという場合に、是非とも有効活用して頂きたい表現です。また、なんらかのコンテンツや芸術作品を賞賛する際に、手放しで絶賛してしまうと、少々チープになってしまいかねない場合、この表現を挟み込むと、急激にそれっぽくなります。汎用性の高い表現なので、是非ともマスターしておきましょう。

[aside type=”warning”] SPONSORED LINK

以下に表示されているバナー広告は、本ブログの収益性の劇的な向上を図るべく、筆者が独自に取り入れている「Google AdSense広告」です。本記事に含まれる内容に関連する広告が表示される場合もありますが、コンテンツそれ自体との直接的な関連性は一切ございませんので、誤ってクリックしないよう、細心の注意を払ってください。






[/aside]

ダボス会議でも散々申し上げたことなんですが

次いで、「ダボス会議でも散々申し上げたことなんですが」。これは「前置き表現」としては極端に強力です。世界のエリートが一同に会するあのダボス会議で、我が国を代表して発言することを許された真のエリートのみが使用できる前置きです。この非常に権威ある前置きを使われた場合、相手が反論することは、現実問題として、ほとんど不可能。ダボス会議に出席した経験のあるビジネスパーソンは、必要に応じて、意欲的に使っていきましょう。

言葉を選ばずに言わせて頂ければ

さらに、「言葉を選ばずに言わせて頂ければ」という表現も押さえておくべきです。「誤解を恐れずに言うと」と同様に、なんといっても、言葉を選ぶことなく、野放図に言い放っているスタンスだよということをあらかじめ言明しているので、何を言ってもだいたいはオッケーになります。むしろ、逆に理知的で思慮深い印象すら与えることができます。心掛け次第で、使用する機会は少なくないはずです。頑張って行きましょう。

[aside type=”warning”] SPONSORED LINK

以下に表示されているバナー広告は、本ブログの収益性の劇的な向上を図るべく、筆者が独自に取り入れている「Google AdSense広告」です。本記事に含まれる内容に関連する広告が表示される場合もありますが、コンテンツそれ自体との直接的な関連性は一切ございませんので、誤ってクリックしないよう、細心の注意を払ってください。






[/aside]

不遜な言い方であることを承知で言いますが

次いで、「不遜な言い方であることを承知で言いますが」。これは、「調子にのってんなコイツ」とか「尊大やなコイツ」と第三者に思われてしまいそうな際に、役立つ表現です。不遜な言い方であることに自覚的であることを示した瞬間、発言それ自体は「不遜」だとしても、あなた自身は「不遜」ではなくなる。まさに、魔法のコトバです。

俺は全然気にしないんだけどさ、気にする人もいるから言っておくと、

これは、自分より立場的に下の人間を紳士的にたしなめる場合に使うと有効です。自分自身は細かいチマチマしたことを気にしない豪快で気前の良い人物であることを示しつつ、相手に対して、「気にする人」という名の仮想敵を創り出すことで、心理学で言う「ラポール」を形成することができます、部下や就活生に頻繁に使うべき効果的な表現と言って良いでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか。上記の前置き表現以外にも、これはというものは、逐一、追加していきます。皆さんも、これはというナイスな前置きをお持ちの方は入念に連絡ください。採用させて頂きます。
[aside type=”warning”] SPONSORED LINK

以下に表示されているバナー広告は、本ブログの収益性の劇的な向上を図るべく、筆者が独自に取り入れている「Google AdSense広告」です。本記事に含まれる内容に関連する広告が表示される場合もありますが、コンテンツそれ自体との直接的な関連性は一切ございませんので、誤ってクリックしないよう、細心の注意を払ってください。






[/aside]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。